Stress testing Unity UI Toolkitの耐久試験

This WebGL example was made to stress Unity's new UI Toolkit. It has about 33K generated elements. The purpose of this app was to gain an understanding of what architectures worked with the new UI. This runs on PC browsers UI Toolkit does not run on mobile browsers. Tiny Project is the only version of Unity that officially targets mobile browsers. UI Toolkit is still in preview and has very limited text capabilities. A production version would use either images baked in the editor or generated in the background to improve the user's experience. Native PC versions are fast enough for editing but it is still a little slow for casual users.

このWebGLの例は、Unityの新しいUIを強調するために作成されました ツールキット。 約33Kの生成された要素があります。 このアプリの目的は、 新しいUIでどのアーキテクチャが機能したかを理解する。 これはPCブラウザで実行されます UI Toolkitは、モバイルブラウザでは実行されません。 Tiny Projectは、正式にUnityの唯一のバージョンです。 モバイルブラウザを対象としています。 UI Toolkitはまだプレビュー中であり、テキストは非常に限られています アプリ。 製品版では、エディターでベイクされた画像または生成された画像のいずれかを使用します ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにバックグラウンドで。 ネイティブPCバージョンは高速です 編集には十分ですが、カジュアルユーザーには少し遅いです。